日本企業から外資企業へ転職がしたい時に人材紹介会社に確認すること

外資企業、なんとなくおしゃれで、仕事が出来る感じのそんな印象を与える会社に転職がしたい、でも、日本の会社しか知らない、そんなときの転職のポイントを人材紹介会社のアドバイスを元にまとめてみます。

1.英語は必須か

一番初めに考えるのはここだと思います。

面接では英語が必須なのか、会話とメールや書類のどちらが多いのかを確認しておくとよいでしょう。

日本で英語を勉強した人の多くは、文章能力のほうが得意で、話すほうが苦手という肩が多いように感じます。

2.レジュメの作成

多くの外資企業では、レジュメの提出を求められることが多いと思います。

日本の履歴書のように、志望動機を長々と書くと相手に読んでもらえません。私は「今までやっていた仕事のプロフェッショナルとして活躍するため」などと記載しましたが、中には「お金が欲しいから」と書いて採用された人もいます。

なお、外資企業のレジュメのほとんどは性別と顔写真の貼付は禁じられています。これは、年齢や性差や容姿で判断しないという意味合いを持っています。なので中高年ビジネスマンでもこの点あまり意識しなくても大丈夫でしょう。

海外の日本法人である場合は、日本語のレジュメも作成してあったほうがいいかもしれません。

3.面接のポイント

面接は自分をアピールする大切な機会ですが、日本の面接とは異なっていることが多いです。

まず、遠まわしな言い方はそぐわないと思っていいでしょう。

「あなたは何が出来ますか」と聞かれたら「法人営業が出来ます」とか「工程管理が出来ます」などストレートに言うことが大切です。

また、日本企業と異なり、給与面の相談も面接で行って問題ないところが多いです。

自分で持っている疑問や要望は、ストレートに伝えることが大切です。

4.採用の可否について

採用の判断は海外にいる上席の承認が必要なことも多く、時間を要する場合もありますが、私の場合は1週間以内に回答をもらっていました。

採用の場合には採用の条件(ポジションや給与、勤務時間など)が通知されます。企業によって異なりますが、オファーレターはメールできたものに返信するだけで、出社後にサインをする場合と、オファーレターが郵送されてくる場合などがあります。

不採用の場合ですが、日本企業と異なり「何故不採用になったのか」を相手に聞いてもかまいませんし、人材紹介会社経由で聞いてもOKです。

今後の転職活動に役立てたいから教えてほしいなどと言えば、普通は教えてくれることが多いです。

そんなフォローを貰うには転職サイトに登録することが必要です。外資系を含め転職を失敗させないためには計画立案が必要となります。