中高年社員の転職してから失敗したと感じてしまう4つのこととは?

転職したものの、この転職は失敗だったかもしれないと感じる人が残念ながらいます。では、それはどのような点でしょうか。今日はそのうちの3つの点を記したいと思います。それを未然に防ぐためには何ができるのかもあわせて考えたいと思います。

(1)
まず最初のポイントは転職先の仕事を続けるべきか迷ってしまうということです。これはどういう意味でしょうか。転職する前になぜ転職したいのかという自己分析が不足していたために、現在転職先で行っている仕事に迷いが出てしまうということです。迷いが出るとこのまま続けていいのかと思いますので、仕事に対するやる気もなかなかあがりません。では、これを避けるためには何ができるでしょうか。やはり転職する意義や目的をよく考えることです。できれば転職前に行うべきです。

(2)
次の失敗したと感じる点は前職のほうがやりがいを感じたという点です。確かについつい前の仕事と比べてしまうということがあります。どうすれば良いでしょうか。冷静になって、現在の仕事のメリット、やりがいと以前の仕事のメリット、やりがいを書き出します。そうすると、今の仕事からも多くのやりがいを見つけることができるはずです。

(3)
3つ目の点は面接時に自分の希望を伝えきれず、現在の職務内容に不満があるということです。つまり、本当にやりたい仕事ができていないという思いがあるのです。大切なのは転職活動をする前にしっかりと転職先でやりたいこと、自分にできることを整理しておくならば、面接でもそれを伝えられるはずです。

(4)
最後に優先順位の違いです。転職にはバランスが必要ですが仕事のやりがい、給与、休暇、会社の成長、自分の成長、職場への距離など総合的に判断していきますが、
例えば他の項目を優先したために残業代出ない会社に入社してしまっては本末転倒のレベルになってしまいます。

こういった点も気をつけたい所です。