コネクションがあるなら使うべき!その方が確実に有利に転職できる!

正社員として仕事を見つけられるかどうかは、資格や経歴などによって大きく左右されます。私の場合は臨床検査技師の資格を持っていて、英語もペラペラでしたが、なかなか正社員として働ける職場を見つけることが出来ませんでした。ずっと転職活動をするわけにもいかないので、アルバイトで仕事を決めました。一度、アルバイトとして働き始めるとなかなか転職活動に力を入れることができず、いろんな職場をアルバイトで転々とする生活が続きました。私の親は調剤薬局で薬剤師をしており、人材に関することも任せられていました。丁度、その職場で事務員が不足しており、娘である私を正社員として雇ってもらえることになりました。親と同じ職場で働くことに対して、色々と悩みましたがこんなチャンスはないと思いお世話になりました。この時に思ったのが、転職では自分が持っているコネクションは使うべきであるということです。もちろん、自力で転職先を見つけることが理想だと思いますが、タイミングなどによっては本当に正社員として働ける職場を見つけられないことがあります。私の場合は運良く親が管理職ということもあってコネクションを使うことが出来ましたが、一般的には親以外にも職場で築いた人脈や友達など、使えるコネクションは色々とあると思います。ダメ元でも転職をする際に良い転職先があるかどうかを周囲に相談してみると、意外と簡単に転職先が見つかるケースもあります。
コネクションがない人は人材紹介会社に登録して紹介してもらうのがよいと思います。けど中高年の場合は今までの経験の中からお付き合いのある会社にコネで入社するほうが自然でスムーズという事もお忘れなく。